スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
独逸良いとこ一度はおいで♪ +4+
2007 / 06 / 20 ( Wed )
は~いはいはいはいっっ
お待ちかねのここはあたしにとって恋いこがれていたギンゲン♪
シュタイフ好きの聖地なのよぅ

というわけでウルムで昼食後、多分今回のこのツアーに参加した女性の殆どが目的の1つにしていたであろう、タグのついたテディベアで有名なシュタイフ社があるギンゲンへやってまいりました♪
blog-283.jpg
ミュージアムへ入るとミュージアムに隣接したショップの入り口で早速、サンタスタイルのおおきなくまがお出迎え♪...早くもあたしはハナヂブー ( ´ ii ` )状態なり(笑)コレ、連れて帰ってイイデスカ?ハァ、ダメデスカ。

blog-284.jpg
べつにシュタイフはベアだけじゃないのだ。これも隣接の喫茶(レストラン?)の入り口でもんきーのコックさんがお出迎え。どんなものが食べられたのかは謎時間が欲しい...

blog-285.jpg
入り口ロビーでは大きなトナカイさんとこれまたサンタベアがお出迎え。アレガダメナラ、コレデモイインダケド...ダメデスカ。

blog-286.jpg
人数が30人だか40人だか、決まった人数でしかミュージアムに入る事が出来ないシステムになっているらしく、ウチのツアーも妙な人数で分けられて、いざ内部へ...夢見心地だわ、あたしがチビなので、どんだけあたしがシュタイフ好きか知らないご一行様が人垣になってジャマだわで盗撮?する事を断念。それでも何とかシロクマの親子をパチリ♪今、話題のベルリン動物園のクヌートみたい

この後自由見学のフロアブースになると、ハハの方が『ココへ熊を買いに来たんだから』と、ハハ@従妹も一緒に、それこそ観るものも流し見でショップへとっとと下りて行ったわけで...
そして、後から『再入場はできない』事を知るのであった...おろろん...いいもん、また絶対に旦那ちんと来るもーーーん(;_q))クスン
でも、一緒に走ってくれたハハ&ハハ@従妹、ありがとでした(*- -)(*_ _)ペコリ
blog-287.jpg
吟味吟味でミュージアムでベアとペンギンを買い、少し離れたアウトレットまで走ってベアとペンギンを買い...(って、同じ行動かよっ)汗だくでミュージアム側へ戻り、すこし我に戻りミュージアムの周辺も写真に。ココは世界中にいる『シュタイフクラブ』の事務所というか、クラブハウス。もちろんクラブ会員オンリーのようです。ギンゲンまで来れるなんて一生ないと思ってたから、あたし、入ってません(笑)さとちんのバカー。

blog-288.jpg
夕闇迫る、工場。ここで世界中に向けて、沢山の幸せが生まれています。もちろん、我が家にも。なんかすっごく感慨深かったなぁ...

blog-289.jpg
テディベア、そしてテディベアの生みの親マルガレーテ・シュタイフが『フェルト・メール・オーダー・カンパニー』を設立し、のちに作ったゾウの針刺しが評判になった事でシュタイフ社へと発展するきっかけとなった、そのゾウがてっぺんにデザインされているミュージアムのシンボルオブジェ。ほんとうにこれが見れるなんて...

blog-290.jpg
シュタイフクラブの門番(笑)もうちょっと近付いてみた...もう、写真の順番があちこちに飛んでることが、あたしのハイな状態を物語ってますな⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ!

blog-291.jpg
ミュージアム入り口を、最後になって写す(笑)ニホンジンノオッサン、オバハンナンテウツシタクナイノニ...ちらりと映る、でかいサンタベアが2体。わかるかな?

blog-292.jpg
では、中からパチリ。1体は外に向かって、もう1体はこんなカンジでお料理中♪ちなみにこのベアたちもそうとうデカイです。でもめちゃカワイイ♪


楽しい時間は何時間あっても早いもの。旅の最大のメインが終わってしまった...
でも、ここに連れて来て貰えただけで、あたしはとても幸せです。ハハ、ありがとう。

でも、いつか必ず旦那ちんと"あいるびーばぁーーーっく"する。ぜったいにするんだいっ。
こころに堅く誓う、ヨメなのでした。
スポンサーサイト
22 : 30 : 00 | ++Travel++ | コメント(0) | page top↑
<<独逸良いとこ一度はおいで♪ +5+ | ホーム | 独逸良いとこ一度はおいで♪ +3+>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。