スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
独逸良いとこ一度はおいで♪ +1+
2007 / 06 / 20 ( Wed )
はぁ...今年も言ぅてる間に折り返しが近付いている訳で( ̄Д ̄;;
更新めちゃおっそーーーなこのブログではございますが、みなさまお久しゅうございます;;
今更ながら、約束通りに

3)オット@ハハ・オットハハ@従妹+ヨメで行く、ドイツの旅

を綴らねば...と、半分なんとか自分を奮い立たせ(笑)ちまちまと旅行中の写真を編集しておりました。
すでに
このお城はどこのナニ城だったか

とか

この教会はどこだったか

とか

このクリスマス市はどこだったか

などなど、記憶はすでに遙か彼方...ニヒ。
ゆえ、取りあえず北海道旅行動揺...いや同様にフォトアルバム形式(と言えば聞こえがイイ)で参ります。許せ(笑)
年の瀬も押し迫る2006年12月中旬、やってきましたあいらぶ独逸
関空から、空路ドイツ・フランクフルトへ
着いたこの日は一路ヒルシュブルク泊。翌朝ハイデルベルクへ


blog-253.jpg

ライン川の支流、ネッカー川沿いに位置する大学都市・ハイデルベルク
第二次世界大戦中に爆撃を免れたので、かつての古い町並みが残っています。ハイデルベルク城のフリードリヒ館と共に、働く古いワーゲントラックをパチリ

blog-254.jpg

ハイデルベルク城のテラスから見下ろす街並み。こんなちょっとした風景でも絵になるのよねぇ

blog-255.jpg

市庁舎前のマルクト広場。なにせ朝早い時間だったので、クリスマス市はまだ開いてません。よって旧市街地などをぶらりと各自散策。

blog-256.jpg

お店はポツリポツリと開き出していて、どこの店先もクリスマス一色ワイヤーバスケットや素敵な燭台なんかが盛りだくさんで、初日から物欲モードは全開なのだ

blog-257.jpg

マルクト広場に常設されていたウィンドミルの大きな飾り。ロウソクに火を灯すと上昇気流で木製の羽根がクルクル廻り、真ん中の人形が乗る台もクルクル廻る、ドイツの伝統的な木製クリスマストイこりゃ、電動で廻るんでしょうけど(笑)最近、日本でも見かけるよね?

blog-258.jpg

フリードリヒ館を抜けて地下に降りてゆくと、現存する中では三番目に大きいと言われるワインの大樽を観る事ができます。樽の周りは階段やら踊り場がぐるりと作ってあるので、上って樽の大きさを体感できるのだ...が、大き過ぎて写真に収まりましぇん。これが三番目って、二番と一番を作ったもっとアホな王様が居る訳で殿と王はアホに限りますな(笑)

blog-259.jpg

マルクト広場に通じる町並みも特別なものは無くても絵になりますなぁ...

blog-260.jpg

ちなみにハイデルベルク城を少し下った所にがあったので、お散歩気分で各自下りて行く訳ですが(もちろん上りも自力)途中で見つけたベアデコレーションのワーゲンのデリバリーバン。好き×2だったもので、つい...おほほ。何の会社かしら?ミニカーあれば欲しい(笑)


まだまだ続くよ
スポンサーサイト
20 : 00 : 00 | ++Travel++ | コメント(0) | page top↑
<<独逸良いとこ一度はおいで♪ +2+ | ホーム | あたし、はなっていうの。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。