スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
根尾の薄墨櫻。
2008 / 04 / 12 ( Sat )
根尾の薄墨櫻を観てきました

blog-402.jpg

11日の夜中、送別会で遅い帰宅のオットを待って、1時過ぎにを出発
距離的には千葉ー大阪間のことを思えばなぁ~んてことナイ。でも、『早く着いておかないと駐車場もいっぱいで停められへんし、渋滞で大変』と10ン年前に行ったオットハハに聞いていたので、なんとか6時頃には着かねば...と、ノンストップさとちんさん(笑)で5時半頃に無事に到着~♪
なにせ高速を大垣I.Cで下りてからが長い...長いっすよ...ε= (´∞` ) ハァー
町の中をずんずんと、山の中へずんずんと(笑)
が明けて、空が薄ぼんやりと明るくなった頃に着いて、早く着いた~♪と思ったけど、まぁ、すでに沢山の車・車・車...ジジババっつ~のは朝早いんはへっちゃらやな(笑)
それでも、爆走の甲斐あって一番近いにも停められました(´▽`) ホッ
軽い坂を上って、薄墨櫻に到着。団塊の世代、って感じのご夫婦がわんさかで、脚の長い三脚プラス脚立で正面の広場はカメラじじぃ達に占領されてました
blog-403.jpg

樹齢は推定1500年、何度も枯れてしまいそうな危機を乗り越えて咲きつづけてきた薄墨櫻は、人の手を借りながらもただ、静かに生き続けてきた...そんな感じです。
blog-404.jpg

はらはらと、丁度散り始めた一番綺麗な時で、確かに薄墨掛かって見えます。
blog-405.jpg

山際にも何本も櫻が植わっていて、新緑混じりなのも雰囲気があります。
blog-406.jpg

本家には、根を踏むと木が痛むことから柵がぐるりと張られ守られてたので近づけませんが、公園内の櫻をパチリ

薄墨櫻の柵の脇に、櫻保存の為の義援金箱が設置されてました。
これからの櫻の為にちょびっとでもお役にたてればと、ほんのほんの少しだけ2人で入れてきました。
三脚でビシバシ写真を取らせて貰うだけやなくて、キモチも置いていけよっっっ!と思ったのは、あたしだけでしょかねぇマッタク...
公園の近くにお稲荷さんがあるらしく、幟が立ってたので行ってみようかと試みましたが、上り坂を行けども行けども見えてこないので、ヘタレ夫婦は断念して戻ってきました。
どんなお社だったのか、今更ながら気になる(笑)

今年のブログは我ながら、櫻三昧。
こうなったら日本の三大櫻の残り2つ、山梨・山高神代櫻、福島・三春滝櫻もいつか観に行きたいもんです...オット、来年もいっとく?(笑)

坂道の間にいろいろお店がでるらしいのですが、如何せん早過ぎたんで辛うじて開いたお店で多分、地元のおばちゃんたちが作ってる『よもぎ餅&とち餅』をお土産に購入。
根尾谷をあとにして、道の駅で仮眠という名の爆睡。櫻ソフトも食べて、薄焼きせんべいも買って、取りあえず大阪に向かって戻ることに。

...より道ぃ?もちろんするに決まってますがな( ̄ー ̄)ニヤリッ


↑あなたのポチっとが励みになりマス♪↓
スポンサーサイト
23 : 30 : 00 | ++Holiday++ | コメント(0) | page top↑
<<寄り道といえば。 | ホーム | オオシマザクラ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。